FC2ブログ

SIC:スーパー情報センター

世に蔓延るスーパー情報を集め提供する情報センター!裏情報・裏技・お得情報満載。当サイトの情報悪用厳禁。閲覧してお楽しみあれ! 情報の取り扱いには十分注意するのだ!当センターに責任は一切ござらん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


これから住宅を購入する予定のある人必見!書類一枚で45万円得する方法

土地・建物などの不動産を購入すると不動産登記をしなければならないが、その際不動産登記料(登録免許税+司法書士手数料)がかかります。
この「不動産登記料」は「既存住宅家屋証明書(専住者証明書)」という証明書を一枚、不動産登記申請書に添付して提出するだけで大幅に安くすることができます。
登記免許税の計算方法は固定資産税の評価額に税率をかけて計算するのですが、証明書一枚で税率が以下のように低くなります。
 ・所有権移転登記税率 1000分の50 → 1000分の6
 ・抵当権設定登記税率 1000分の4 → 1000分の2
分かりやすく、建物の評価額1000万円、抵当権の設定額500万円を例として計算すると、証明書がない場合は
「1000万円×1000分の50(=50万円=所有権移転登記)+500万円×1000分の4(=2万円=抵当権設定登記)=52万円
証明書がある場合は
「1000万円×1000分の6(=6万円=所有権移転登記)+500万円×1000分の2(=1万円=抵当権設定登記)=7万円 となります。
「既存住宅家屋証明書」は各都道府県庁、市・区・町・村役所の建築課(各省庁によって呼び方は相違する)に行き、建物の登記簿謄本(抄本)・
売買契約書・住民票を提出すれば貰えます。但し、この証明書を取る為には以下の条件をクリアしている物件を購入しなければならないので
注意してください。
木造建物の場合は築後10年以内で登記簿面積50平方メートル以上。鉄筋コンクリート・鉄骨筋造建物の場合は築後20年以内で登記簿面積50平方メートル以上。
人に貸す目的で購入する場合は駄目で、自分で居住する為に購入する場合のみとなります。
スポンサーサイト
08:40 | トラックバック:0 | S裏技・裏情報-不動産 |TOP



トラックバックURLは http://sicxx.blog122.fc2.com/tb.php/175-60b8cc10

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ブログ内検索

Google

プロフィール

sicblog

Author:sicblog
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のS情報・裏技

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。